口コミでわかる!一人暮らしのウォーターサーバーのメリットと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「一人暮らしでも使えるの?」「どうやって選んだらいいの?」など、一人暮らしにウォーターサーバーってどうなのか気になっていませんか?

近年は一人暮らしでウォーターサーバーを使う人が増えており、メリットや注意点をおさえて正しく選べば快適に使うことができます

このページでは、過去に5年間のウォーターサーバーの営業経験のある私が、口コミを交えながら、一人暮らしで使うメリットや注意点からおすすめまでご紹介します。

  1. 一人暮らしでもウォーターサーバーは必要?
  2. 口コミからわかった一人暮らしによくあるウォーターサーバーの失敗例
  3. 徹底比較からわかった一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー
  4. 一人暮らしで卓上サーバーも気になる人へ
  5. 一人暮らしでより快適に使うための3つのコツ

すべて読めば、一人暮らしにウォーターサーバーを使うべきかわかるでしょう。

2018年の最新情報をチェックすることが大切!

2017年〜2018年にかけて、ウォーターサーバー会社の多くが以下の改定をしています。

  • 宅配便の値上げによる価格改定
  • 各社が取り扱う水の種類やサーバーの変更(例:コスモウォーターがRO水の販売中止)

このサイトでは常に最新情報を更新することを心がけていきます。なお、他サイトでは古いままの情報も多いため注意しましょう。

1. 一人暮らしでもウォーターサーバーは必要?

一人暮らしにウォーターサーバーがあったら便利そうだけど、一人暮らしでも使えるのか、そもそも必要なのか気になりますよね?

最近は一人暮らしでも使いやすいものが増えているため、選び方さえ気をつければ、快適に使うことができます

1-1. 一人暮らしでも多くの人がウォーターサーバーを使っている!

私がウォーターサーバーの営業をしていた数年前と比べると、一人暮らしで使う人はどんどん増えている印象です。

例えば、おしゃれなデザインで人気の「フレシャス」では、利用者の約4割は1人or2人暮らしというデータもあります。

1-2. 一人暮らしでウォーターサーバーを使う4つのメリット

実際に一人暮らしのユーザーがどのように実感しているのか、SNSなどで200件以上の口コミを調べてみました。

口コミを1つ1つ調べた結果、特に好評だったのは以下の4つでした。

  • 手軽に美味しい水が飲める
  • とにかく便利で、時間や体力を節約できる
  • 生活の質が上がって、部屋もおしゃれになる
  • 備蓄水としても使えて安心

それぞれ順にご説明します。

①手軽に美味しい水が飲める

特に地方から東京に引っ越して、水道水が美味しくなくて始める人も多いことが見えてきました。

ウォーターサーバーであれば、手軽に美味しい水が飲めると好評です。

せっかく始めるなら美味しい天然水をぜひ楽しんでほしいと思います。

②とにかく便利で、時間や体力を節約できる

一人暮らしで特にめんどくさがりの人にとって、ウォーターサーバーは大好評です。

一度使ってみると手放せなくなる人は多く、以下のようなメリットがあります。

  • いつでもコーヒーや紅茶をすぐ飲める
  • カップ麺、インスタントスープなどがすぐ作れる
  • 重い水を持って帰らなくていい
  • 朝一の白湯など、水を飲む習慣を作りやすい

ちなみに、私も一人暮らしの時に使っていましたが、深夜に疲れて帰ってきた時にすぐカップ麺やインスタント食品を食べれるのが特にありがたいと実感しました。

③生活の質が上がって、部屋もおしゃれになる

一人暮らしでウォーターサーバーを使うとちょっと贅沢な気分になれて、部屋もおしゃれになると人気です。

例えば、以下のサーバーはピンクでおしゃれと評判の「スリムサーバーⅢ」です。

https://twitter.com/komari_msc/status/894758651902083072

ちなみに、以下のように2つのタイプに分けられるので、せっかくなら一人暮らしにはおしゃれなサーバーをぜひ選んでほしいと思います。

④備蓄水としても使えて安心

一人暮らしだからこそ、ウォーターサーバーを地震などに備えて備蓄水として始める人も多いです。

例えば、地震などが起こると、一人暮らしだと数日間は自分だけでなんとかしないといけません。

一瞬でコンビニやスーパーから飲料水が売り切れるため、まずウォーターサーバーで水を確保しておくことは大切です。

2. 口コミからわかった一人暮らしによくあるウォーターサーバーの失敗例

以上のように様々なメリットがありますが、選び方を間違えて後悔する人も多いため注意しましょう

口コミからわかった一人暮らしの場合によくある失敗例を以下4つにまとめてみました。

  • 値段が高くて、続けにくい
  • ボトルの交換が大変
  • 水を飲みきれなくて、余ってしまう
  • ボトルを玄関の前に置いていかれる

それぞれ順にご説明します。

2-1. 値段が高くて、続けにくい

ウォーターサーバーは”水をたくさん使う分安い”と思う人が時々いますが、他の飲料水と比べると値段は高いため注意しましょう。

例えば、500mlあたりの値段をペットボトルの水と比べたのが、次の表です。

ウォーターサーバーペットボトル
(500ml)
ペットボトル
(2L)
500mlあたり54〜83円120円20〜25円

上のように2Lのペットボトルをドラッグストアやネットなどで購入した方が安いですが、ウォーターサーバーはすぐに温水が使えるなど便利さで選ばれています。

ちなみに、ウォーターサーバーも携帯の契約と同じように、最低利用期間や違約金があるものが多いため、契約内容はきちんと確認しましょう。

2-2. ボトルの交換が大変

ボトルは12Lが標準サイズなので、特に女性は持ち上げるのが大変に感じる人も多いです。

ボトル交換が大変だと、上の口コミように重たい水を持ち上げて腰を痛めてしまうおそれもあります。

ボトル交換:一番楽なのは「足元でボトル交換できるタイプ」

ボトル交換には主に3通りあって、メリットとデメリットをまとめたのが以下です。

足元で交換サーバー上部
標準ボトル
(12L)
軽量タイプ
(6〜7L)
メリット・足元で交換できる
・交換が少なくて済む
交換が少なくて済む軽い
デメリット・ボトルを高く持ち上げるのが大変
・腰を痛めるリスク
・ボトルを落として破損するリスク
・まめに交換が必要
・交換作業が手間なものもある

もともと12Lボトルが標準なので交換が大変でしたが、近年は6〜8Lの軽量タイプも増えてきています。

しかし、軽量タイプはその分交換する回数が多くなるため、交換を面倒に感じる人も多いです。

そんな両方のデメリットを一気に解消してくれるのが「足元交換タイプ」なのです。

2-3. 水を飲みきれなくて、余ってしまう

ウォーターサーバーは月の最低購入量(ノルマ)のあるものが多いため、ノルマが多いと水がどんどん余ってしまう可能性があります。

12Lボトルが一般的なので、ノルマは月24Lのことが多いです。

大人1名の目安「1ヶ月12L」と比べると多いですが、最近は「1ヶ月なら無料で配送スキップ」できるもの増えているため過剰に心配しなくても大丈夫です。(多くの場合は、2ヶ月連続でなければ繰り返しスキップできます)

あなたが飲む水の量を知ることが大切!

あなたが1ヶ月間に飲む水はどのくらいか、以下を参考に計算してみましょう。

1日に飲む飲料水200ml500ml1L2L
1ヶ月間の消費量6L15L30L60L

例えば、1日に500mlペットボトルを飲んでいる人は、1ヶ月で15L程度です。

もし水筒などで持ち歩いたり、料理にも使うならもう少し多めにみておきましょう。

2-4. ボトルを玄関の前に置いていかれる

ボトルを自社配送する会社の場合は、配送の曜日が決まっていたり、不在だと玄関前にボトルを置いていかれてしまうことがあります。

特に、一人暮らしには「ワンウェイ方式」がおすすめ!

再利用ボトルを自社配送する「リターナブル方式」の場合、配送日が決まっていたり不便です。

特に一人暮らしでは、大手宅配業者による時間指定や再配達もできる「ワンウェイ方式」をおすすめします。

さらに、上のようにワンウェイ方式であれば常に新しい容器なのでより衛生的に使えるのも人気です。

参考:味が美味しくなかった

他と比べて数はかなり少ないですが、安いRO水にしたら美味しくなくて後悔している声も一部ありました。

RO水は、水道水を超高性能なフィルターで綺麗にした水で安いのが特長です。

しかし、RO水は味の決め手になるミネラル分も除くので、そのままだと味気なくて美味しくないので注意しましょう。

ちなみに、この後ご紹介するサーバーは、美味しい天然水サーバーだけなので安心して選べます。

3. 徹底比較からわかった一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー

ここでは、一人暮らしに人気の天然水サーバー6種を徹底比較からわかったおすすめをご紹介します。

先ほどのよくある失敗例を踏まえて、以下を軸にして評価しました。

  • 値段・・・続けやすい値段か?
  • ボトル交換・・・交換しやすいか?
  • 契約・・・始めやすいか?(期間の縛り、違約金、月のノルマ)
  • 配送・・・ワンウェイ方式か?

※ここでご紹介する6種はいずれもA4 2枚分程度で置けるコンパクトサイズなので安心です。

その結果、徹底比較をして、値段の安い順に並べたのが次の表です。

上記の値段:電気代込みの月額費用(24L換算 / 税込)

上記の「始めやすさ」の評価基準

  • ◎:違約金1万円以下、ノルマが月15L以下
  • ◯:違約金1万円以下、ノルマが月24L以下
  • △:違約金1万円超 or ノルマが月24L超

上のように、よく失敗しやすい点をすべてカバーしていたのはコスモウォーターの「スマートプラス」でした。

上記のサーバーはどれも「無料で、1ヶ月の配送停止(スキップ)」ができます

  • 例えば、コスモは月24Lがノルマですが、スキップを活用すると「2ヶ月=24L」で実質的に月12Lになります。もちろん、水代もその分安くおさえることができます。(2018年2月時点)

3-1. 一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー:スマートプラス

手頃な値段や交換のしやすさなど、一人暮らしで意識すべきポイントを最もカバーしていたのはコスモウォーターの『スマートプラス』でした。

新モデルの『スマートプラス』は、以下のように重たいボトルを持ち上げなくていいので楽チンです。

ワンウェイ方式なので時間指定や再配達もできるので、家にいる時間が少ない一人暮らしの人には最適です。

さらに、旧モデルより約30%静かになったのでワンルームでも使いやすくなっています。

加えて、サーバー内の自動クリーン機能があるため、メンテナンスフリーで使うこともできます。

水の種類天然水
(RO水は停止)
初期費用0円
方式ワンウェイ月額
(月24L)
税込4236円
(電気代込み)
契約期間
違約金
2年
税込9720円
配送地域全国
(沖縄を除く)

ちなみに、口コミでも一人暮らしでコスモウォーターにしてよかったという声は多かったです。

「コスモウォーター」公式ページ:

http://www.cosmowater.com

※新規契約キャンペーン:12Lボトル2本無料
※乗り換えキャンペーン:5000円のキャッシュバック

3-2. デザインがちょっと物足りないと思った人へ

デザインを重視して選びたい人は、先ほどの表にもあった、おしゃれと評判で値段も手頃な以下3つから選ぶことをおすすめします。

これらはすべて天然水で値段もほぼ同じで、ワンウェイ方式で便利なので、正直好みで選べば間違いありません

(例えば、スリムサーバーⅢは12Lボトルの他にも、多少割高になりますが軽量ボトルもあります。)

そのため、まずはデザインを見比べて「ピンッ」ときたものから順に公式ページでチェックすることをおすすめします

スリムサーバーⅢ(プレミアムウォーター)

  • 水代(500mlあたり):税込88円
  • 月額費用(24L換算):税込4904円
  • 配送地域:全国(ただし、沖縄で利用可能なのは別サーバーになります)
  • 契約期間、違約金:2年、税込10800円

「スリムサーバーⅢ」プレミアムウォーター公式ページ:

https://premium-water.net/slim_server3

※乗り換えキャンペーン:最大16000円のキャッシュバック

サイフォンプラス(フレシャス)

  • 水代(500mlあたり):税込87円
  • 月額費用(24L換算):税込4968円
  • 配送地域:全国(ただし、沖縄を除く)
  • 契約期間、違約金:2年、税込9720円〜

「サイフォンプラス」フレシャス公式ページ:

https://www.frecious.jp/siphon

※レンタル料初月無料

デュオ(フレシャス)

  • 水代(500mlあたり):税込85円
  • 月額費用(24L換算):税込5000円
  • 配送地域:全国(ただし、沖縄で利用可能なのは別サーバーになります)
  • 契約期間、違約金:2年、税込9720円〜

「デュオ」フレシャス公式ページ:

https://www.frecious.jp/dewo

※レンタル料初月無料

3-3. ノルマの少ないサーバーを使いたい人へ

一人暮らしに人気のサーバーで、ノルマの少なさで選ぶなら『クリクラミオ』がおすすめです。

クリクラミオ』は一人暮らしの人が特に使いやすいサーバーの1つです。

軽量ボトル(8L)のワンウェイタイプで、配送は1本から可能なので、交換が楽で水が余る心配もありません。

水代と電気代だけで使えて、年1回の定期メンテナンスも無料なのも好評です。

「クリクラミオ」公式ページ:

https://www.creclamio.jp

※新規契約キャンペーン:8Lボトル3本無料

※ちなみに、2年契約なのが気になる人は、ここではご紹介していませんが、業界最長の1ヶ月無料お試しできる「ふじざくら命水」を試してみましょう。あなたが続けられるか試してみるのに十分な期間と言えます。

4. 一人暮らしで卓上サーバーも気になる人へ

一人暮らしの部屋に大きなサーバーを置くのはちょっと、、という人に卓上サーバーは人気です。

例えば、2017年に新登場した『デュオミニ』なら特にコンパクトですっきり置くことができます。

4-1. 卓上ウォーターサーバー選びで意識すべき2つのこと

卓上タイプを選ぶ時には、特に以下2つを意識して選ぶことをおすすめします。

  • 設置場所と大きさをイメージしておく
  • どのくらい水を使うか、ライフスタイルに合わせて選ぶ

そうしないと、設置したらイメージと違ったり、不便さを感じて後悔する可能性があります。

設置場所と大きさをイメージしておく

卓上サーバーによってサイズは異なりますが、一般的に「幅30cm、奥行40cm、高さ80cm」くらいです。

キッチン、ダイニング、リビング、書斎など様々なシーンに合わせることができます。

引用:(左)サイフォンプラス公式, (右上)スリムサーバーⅢ公式, (右下)デュオミニ公式

最近のトレンドはさらなるコンパクト化で、特に「デュオミニ」は他の卓上と比べても特にコンパクトです。

引用:「デュオミニ」公式

ちなみに、卓上サーバーは15kg前後で水もセットすると20kg以上になるため、安定した場所に置きましょう。

どのくらい水を使うか、ライフスタイルに合わせて選ぶ

卓上はコンパクトな分、床置きと比べると、サーバー内の冷水や温水を溜めるタンクも小さめです。(特に温水は1〜2L程度)

そのため、一度にたくさんの冷水・温水を使うとぬるい水が出てくる可能性があります。

もし料理などで温水をよく使うならタンクが大きめのもの、またはコンパクトな床置きをおすすめします。

4-2. 一人暮らしに人気の卓上サーバーの徹底比較

卓上にも様々なものがありますが、一人暮らしには特におしゃれなサーバーが人気です。

ここでは一人暮らしに特に人気の天然水サーバー3つを徹底比較してみました。

上記の値段:電気代込みの月額費用(24L換算 / 税込)

上記の「始めやすさ」の評価基準

  • ◎:違約金1万円以下、ノルマが月15L以下
  • ◯:違約金1万円以下、ノルマが月24L以下
  • △:違約金1万円超 or ノルマが月24L超

私がおすすめしたいのは、おしゃれで値段も手頃な以下の2つです。

スリムサーバーⅢ卓上:天然水を12Lボトルでたくさん使いたい人におすすめ

フレシャスデュオ:コンパクトでおしゃれなのがいい人におすすめ

それぞれ順にご説明します

上表の3サーバーはどれも「無料で、1ヶ月の配送停止(スキップ)ができます

  • 例えば、コスモは月24Lがノルマですが、スキップを活用すると「2ヶ月=24L」で実質的に月12Lになります。もちろん水代もその分安くおさえることができます(2018年2月時点)

「スリムサーバーⅢ卓上」:天然水を12Lボトルでたくさん使いたい人におすすめ

スリムサーバーⅢ卓上』は天然水を12Lボトルでたくさん使えて、かわいらしいデザインでも人気です。

水の残量が外から見えるので、交換のタイミングがわかりやすいのも好評です。

寒い朝一にお湯を使おうと思ったら水がなかったという心配もありません。

デザインにピンッときた人は公式ページでチェックしてみましょう。

「スリムサーバーⅢ卓上」公式ページ:

https://premium-water.net/slim_server3

「デュオミニ」:超コンパクトでおしゃれなのがいい人におすすめ

デュオミニ』は2017年に新登場した最もコンパクトでおしゃれな卓上サーバーです。

先ほどの口コミでもご紹介しましたが、一人暮らしの部屋でもスッキリ置けて人気です。

さらに、4.7Lの超軽量パックで扱いやすく、ボトル交換は新しい水をセットしたらボタンを押すだけで◎。以下の動画が一番わかりやすいです。

とても便利でインテリアとしても最適なので、 一人暮らしの生活をより快適にしたい人におすすめします。

「デュオミニ」公式ページ:

https://www.frecious.jp/dewomini

参考:「サイフォンプラス卓上」

サイフォンプラス卓上』は軽量タイプでデザインもいいですが、他2つと比べて月のノルマが28.8Lと多いと言えます。

しかし、1ヶ月の無料スキップを活用すれば実質14.4Lになるので、一人暮らしで問題なく使っている人もいます。

また、7.2Lの軽量パックで捨てる時もかさばらないのが◎ですが、同じ軽量タイプのデュオミニと比べると、水と本体を接続する手間があるので留意しましょう。

以上より、もしデザインが気に入った人は、じっくり検討することをおすすめします。

「サイフォンプラス卓上」公式ページ:

https://www.frecious.jp/siphondesign

<3種の卓上サーバーのサイズ比較>

サーバー名
(社名)
サイズ(幅×奥行×高さ)
重さ
デュオミニ
(フレシャス)
25×30×47cm
7.3kg
サイフォン卓上
(フレシャス)
30×34×78cm
15kg
スリムサーバー卓上
(プレミアム)
27×36×82cm
15kg

5. 一人暮らしでより快適に使うための3つのコツ

せっかくウォーターサーバーを使うなら、より快適に使うためのコツを以下3つまとめてみました。

  • 料理やお酒などにも活用する
  • ボトルの持ち運びが楽になるように工夫する
  • スペースを有効活用できるように工夫する

これらを知っておくだけで、より快適に使うことができるでしょう。

5-1. 料理やお酒などにも活用する

ウォーターサーバーの美味しい水は、料理やお酒にも使うと美味しくなると評判です。

例えば、お米を炊くのに使うだけで、ふっくら美味しくなるのでぜひ一度試してみてほしいと思います。

さらに、焼酎のお湯割りなどに活用している人も多く、晩酌もより手軽に楽しめます。

5-2. ボトルの持ち運びが楽になるように工夫する

ボトルが重たくて大変と思っている人は、様々な工夫をすることをおすすめします。

例えば、ニトリやホームセンターなどでコロコロのついた台を使うと楽チンと好評です。

https://www.instagram.com/p/Beje1S0HsDC/?utm_source=ig_embed

一番手っ取り早いのは「100均のキャスター台」を活用するのがおすすめです。ダイソーやセリアなどで様々な色、形から選ぶことができます。

5-3. スペースを有効活用できるように工夫する

一人暮らしの場合は特に、ボトルの置き場所もあらかじめ検討しておくことをおすすめします。

例えば、以下のように空いているラックに入れる人もいますが、今ならコスモで「座れる収納ボックス」がキャンペーンで全員もらえます。

引用:(左)コスモウォーター, (右)crecla

6. まとめ

ここまで一人暮らしでウォーターサーバーを使うメリットやおすすめまでご説明してきましたが、いかがでしたか?

一人暮らしのウォーターサーバー選びでは、後で後悔しやすいポイントをきちんと比較して選ぶことが大切です

このページを参考にして、あたなにぴったりのサーバーを選びましょう!

最後にこのページをまとめると以下の通りです。

  • ユーザーが後悔する主なポイントは「値段、交換の大変さ、デザイン」
  • サーバー選びで失敗しないためには、この3つを意識して選ぶこと
  • 徹底比較からわかったおすすめを参考にして検討しましょう

また、このページでご紹介したおすすめのサーバーは以下の通りです。

おすすめのサーバー
床置き一人暮らしにおすすめスマートプラス
おしゃれなサーバースリムサーバーⅢ
サイフォンプラス
デュオ
ノルマが少ないおすすめクリクラミオ
(参考)1週間の無料お試しできるふじざくら命水
卓上 天然水を12Lボトルでたくさん使えるスリムサーバーⅢ卓上

 超コンパクトでおしゃれデュオミニ

 軽量の水で全体的なバランスがよいサイフォンプラス卓上

もしどれにするか選びきれない人は、美味しい天然水で、ボトル交換が楽で値段も安い『スマートプラス』をおすすめします。

以上を参考にあなたにぴったりのウォーターサーバーが見つかることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket