青汁って糖尿病にいいの?効果を最大にするためのおすすめと飲み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「青汁って糖尿病の予防にいいの?」「どの青汁がいいの?」など、青汁が糖尿病の予防にいいのか気になっていませんか?

青汁は糖尿病の予防への効果が期待できますが、特に「トクホの青汁」や「桑の葉青汁」から選ぶことが大切です

このページでは、過去に管理栄養士として青汁選びをサポートしてきた私が、糖尿病予防への青汁の効果から、選び方やおすすめまでご説明します。

  1. 青汁って糖尿病にいいの?
  2. 糖尿病予防に効果的な青汁選びの2つのステップ
  3. 糖尿病予防が特に期待できるおすすめの青汁3選
  4. 糖尿病予防のために青汁を使う際の2つの注意点
  5. 糖尿病や青汁に関してよくあるQ&A

すべて読めば、青汁の糖尿病予防への効果を知って、あなたが選ぶべき青汁がわかるでしょう。

もしおすすめの青汁をすぐに知りたい人は、「3. 糖尿病予防が特に期待できるおすすめの青汁3選」をクリックしてください。

1. 青汁って糖尿病にいいの?

ネットやテレビなどで青汁が糖尿病にもいいと聞いて、ほんとに効くのか気になっていませんか?

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンの働きが弱まっていて、血糖値が高くなっている状態のことです。

例えば、食前に青汁を飲むだけで、以下のように糖の吸収をおさえる効果が期待できます。

引用:大正製薬ダイレクト

ただし、すべての青汁に糖尿病予防への効果が期待できるわけではないので、選び方を意識することが大切です。

1-1.「トクホの青汁」か「桑の葉青汁」がおすすめ!

厚生労働省によれば、糖尿病は糖尿病予備群も含めると「日本人の約5人に1人」の非常に身近にある病気なので、早めの予防策が肝心です。

糖の吸収を抑えて、特に糖尿病の予防への効果が期待できるのは、「トクホの青汁」と「桑の葉青汁」です。

トクホの青汁:一定の効果が科学的に認められている

トクホの青汁は、有効性・安全性などの科学的根拠を示して消費者庁によって効果が認められているのが、他の青汁との違いです。

例えば、難消化性デキストリン(=食物繊維の一種)を食前に摂ると、冒頭の図のように食物繊維が、糖の吸収を抑える効果が期待できます。

引用:大正製薬ダイレクト

上の大正製薬の「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」のように、特に血糖値が気になる人に向けた青汁おも増えてきています。

桑の葉青汁:桑の葉特有の成分が、血糖値を上がりにくくする!

桑の葉に含まれる「1-デオキシノジリマイシン(DNJ)」にも、糖の吸収を抑えて、血糖値を上がりにくくする効果が期待できます。

例えば、以下のように、ショ糖(糖質)だけ摂ると血糖値は急上昇しますが、桑の葉粉末と一緒に摂ると上昇が穏やかになるという研究結果があります。

引用:Toyotama

1-2. 効果をより高めるには「食前」に飲むこと!

青汁を飲むのに決まったタイミングはありませんが、糖を吸収しにくくする効果を期待するなら、「食事の15〜20分前」に飲むのがおすすめです

なぜなら、糖を吸収しにくくする働きのある1-デオキシノジリマイシン(DNJ)は、食前に摂らないと正直意味ないからです

桑の葉 効能 飲むタイミング

引用:桜江町桑茶生産組合

桑の葉の効果は、数日飲んだだけでは正直意味なくて、1〜3ヶ月は毎日続けることでより実感しやすくなります。

ちなみにDNJは、悪玉コレステロール・中性脂肪・アルコールの吸収を抑える効果も期待されています。

参考:糖尿病の予防法の中で、特に手軽といえる

糖尿病の原因と予防法は、大きく以下の3つに分けられます。

主な原因主な予防法
①乱れた食生活

  • 食べ過ぎ
  • 飲みすぎ
食生活の見直し

  • 野菜不足の解消
  • 腹八分目など
②運動不足適度な運動
③その他

(喫煙、ストレス、遺伝など)

  • タバコやお酒を減らす
  • ストレスを上手に発散する

この中で特に始めやすいのが食生活の見直しで、青汁を飲むと、手軽に野菜不足の解消に繋がります

ちなみに、運動不足や上手なストレス発散法については、後ほどご説明します。

2. 糖尿病予防に効果的な青汁選びの2つのステップ

最近は桑の葉を使った青汁が増えていますが、より優れた桑の葉青汁を選ぶには、以下3つのポイントが大切です。

  • まずは「トクホの青汁」を検討してみる
  • 他にも気になる人は「桑の葉青汁」も検討してみる

それぞれ順にご説明します。

桑の葉青汁は、基本的にはどれもお茶のように飲みやすいため、飲みやすさは特別意識しなくてもよいと私は考えています。

2-1. まずは「トクホの青汁」を検討してみる

血糖値を上がりにくくする効果を期待するなら、効果が科学的に認められたトクホの青汁を優先することをおすすめします。

主要なトクホの青汁で「食後の血糖値上昇を穏やかにする効果」が期待できるのは大正製薬の『ヘルスマネージ・難消化性デキストリン』です。

参考:主要なトクホの青汁の一覧表

あくまでご参考までですが、主要なトクホの青汁の一覧表は、以下の通りです。

商品名期待できる効果
ヘルスマネージ・難消化性デキストリン

(大正製薬)

血糖値を上がりにくくする
ヘルスマネージ・キトサン

(大正製薬)

コレステロールの吸収を抑える
トクホの青汁 キトサン・イン

(アサヒ緑健)

コレステロールの吸収を抑える
ケール青汁+食物繊維

(DHC)

便通をスムーズにする
繊維のめぐり青汁

(エバーライフ)

便通をスムーズにする

2-2. 他にも気になる人は「桑の葉青汁」も検討してみる

糖尿病への効果を意識して桑の葉青汁を選びたい人は、以下3つを意識しましょう。

  • 桑の葉をしっかり摂れること
  • できるだけ添加物が少ないこと
  • 続けやすい値段であること

それぞれ順にご説明します。

①桑の葉をしっかり摂れること

桑の葉の効果をより実感するためには、より桑の葉をしっかり摂れるものを意識しましょう。

例えば、桑の葉100%のものもありますが、他の青汁原料と比べると、100%青汁でも比較的飲みやすいのがメリットです。

さらに、以下のような評価ポイントも満たしていると◎。

  • 国産
  • オーガニック(有機栽培)

特に「有機JAS認定」は農林水産省が認めた第三者機関によって安全性が認められた証なので、安全性を重視したい人は意識することをおすすめします。

②できるだけ添加物が少ないこと

桑の葉青汁の中でも、できるだけ食品添加物が少ないものを選ぶことをおすすめします。

基本的に安全性の確認されている添加物が使われていますが、毎日飲むものなのでより安全な無添加をおすすめしたいです。

ちなみに最近は手軽に飲める桑の葉サプリも人気ですが、サプリは粒にするための添加物などがよく使われる傾向があります。

③続けやすい値段であること

桑の葉青汁は続けることで効果を実感しやすくなるため、続けやすい値段であることは大切です。

桑の葉青汁の相場は、「1杯(1包)あたり50〜130円」程度です。

個装されていないタイプは値段が安くて、使いやすい個装タイプの方が高めの傾向があります。

3. 糖尿病予防が特に期待できるおすすめの青汁3選

これまでご説明の通り、糖尿病予防への効果が期待できるおすすめを、「トクホの青汁」と「桑の葉青汁」に分けてご紹介します。

3-1. 糖尿病予防への効果が期待できるトクホの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁・難消化性デキストリン』は食後の血糖値が気になる人のためのトクホの青汁として、おすすめします。

特に糖の吸収を抑えるために、難消化性デキストリン(食物繊維の一種)を多く含むのが特長です。

農薬不使用にこだわった大麦若葉なので、安全で飲みやすいのも◎。

1包あたり123円とほぼ標準的で、1日3回食前に飲むのが理想的ですが、炭水化物など1日の中で特にしっかり食べる夕食前に摂ることでも効果的と言えます。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁・難消化性デキストリン」公式ページ

https://www.taisho-direct.jp

※定期便の初回割引+専用シェーカー付き。

3-2. 糖尿病予防が期待できる桑の葉青汁2選

ここでは桑の葉青汁のおすすめをご紹介するために、特に人気の桑の葉青汁11種を徹底比較しました。

先ほどの選び方のポイントを踏まえて、「一番多い原材料、添加物、値段」で比べた結果が次の表です。

※以下をクリックすると、すぐに公式ページでチェックすることができます。

商品名
(販売元)
一番多い原材料添加物値段/税込
(1杯/1包)
桑の葉青汁100%
(がばい農園)

有機桑の葉100%

無添加

1512円

(3gあたり45円)

(1袋100g)

有機桑の葉青汁100%
(原料屋)

有機桑葉100%

無添加

2263円

(3gあたり68円)

(1袋100g)

神仙桑抹茶ゴールド
(お茶村)

有機桑葉

無添加

5848円
(97円)
(個装60包)

桑の葉青汁
(太田胃散)

桑の葉

添加物あり

6480円

(108円)

(個装60包)

桑の葉ダイエット
(太田胃散)

桑の葉

添加物あり

5400円

(180円)

(錠剤180粒)

桑抹茶コラーゲン
(お茶村)

桑葉

添加物あり

6566円

(109円)

(個装60包)

桑の葉美人青汁
(ナチュラルサイエンス)

桑葉

添加物あり

3280円

(109円)

(個装30包)

有機桑青汁
(桜江町桑茶生産組合)

桑葉

無添加

3780円

(126円)

(個装30包)

桑の葉若葉粉末青汁100%
(山本漢方製薬)

桑の葉

無添加

1620円

(3gあたり49円)

(1箱100g)

桑葉青汁・難消化性デキストリンプラス
(ファイテン)

桑葉

添加物あり

3240円

(108円)

(個装30包)

桑葉青汁・発芽玄米プラス
(ファイテン)

桑葉

添加物あり

2700円

(90円)

(個装30包)

以上より、桑の葉をしっかり摂ることができ、無添加で値段も手頃だった以下2つをおすすめします。

それぞれ順にご説明します。

最もおすすめ:桑の葉青汁100%

桑の葉青汁100%』は、兵庫県産の桑の葉だけにこだわり抜いて作った100%桑の葉青汁です。

特に、「有機JAS認定」を受けたオーガニックの国産桑の葉なので、栄養をしっかり摂ることができます。

そのため、糖尿病やメタボなどを手軽に予防したい人に特におすすめします。

さらに、高品質な桑の葉なので、風味がよくて美味しいと好評です。

「桑の葉青汁100%」の公式ページ:

http://www.gabainouen.com

※今なら、一定の金額以上買うと1000円分のクーポンをもらえるキャンペーン中です。

個装タイプのおすすめ:神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールド』は、個装タイプの中で特にコスパがよいためおすすめします。

特に、桑の葉以外にも緑茶などの素材を足して製法にもこだわり抜いています。

さらに、1包あたり97円と手頃な値段で続けやすいのも好評です。

ただし、有機栽培に桑の葉ですが、唯一のデメリットとして中国産なのでもし気になる人は留意しましょう。

「神仙桑抹茶ゴールド」の公式ページ:

http://www.ochamura.com

※返金保証があるため、初めての人でも安心して試すことができます。

もし個装タイプで国産がいいという人は、次に評価のよかった太田胃散の『桑の葉青汁』をおすすめします。

4. 糖尿病予防のために青汁を使う際の2つの注意点

桑の葉青汁にはいくつか注意点があるため、以下の2つをご説明します。

  • 青汁ごとの目安量を守ること
  • 薬を服用中の人や、食事制限中の人は医師に相談すること

それぞれ順にご説明します。

4-1. 青汁ごとの目安量を守ること

基本的に、桑の葉には副作用を特に心配する必要はないとされています。

ただし、過剰摂取すると、少しお腹が張ったり、お腹が痛くなる可能性があるため注意しましょう。

もしお腹が緩くなった場合は、少量または薄めから始めて徐々に増やすなど、飲み方を工夫してみましょう。

4-2. 薬を服用中の人や、食事制限中の人は医師に相談すること

桑の葉青汁に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)は「糖を吸収しにくくする働き」があります。

そのため、すでに糖の吸収を抑えるために薬を飲んでいる人や、食事制限をしている人の場合は、必要以上に吸収が抑えられてしまう恐れがあります。

桑の葉青汁を飲んでも問題ないか、かかりつけの医師に必ず事前に相談しましょう。

もし糖尿病になってしまった場合は、青汁を飲む前に必ず医師に相談して、その指示に従いましょう。

5. 糖尿病や青汁に関してよくあるQ&A

もともと私は青汁を飲んでいましたが、メタボや糖尿病が気になって桑の葉青汁を色々調べたり、実際に試して詳しくなりました。

時々、親しい友人から相談を受けることもありますが、多くの人が気になることはある程度共通しているため、よく受けた質問をQ&A形式でまとめました。

  • Q1. 青汁のどんな成分に血糖値の抑制が期待できるの?
  • Q2. 他にも糖尿病が青汁にいい理由ってあるの?
  • Q3. どうして糖尿病は早めに対策した方がいいの?
  • Q4. 糖尿病は初期症状ってあるの?
  • Q3. 1日の糖質量の目安は?
  • Q4. 青汁は妊娠中・授乳中でも大丈夫?
  • Q5. 運動不足の解消法、ストレスの上手な発散法は?

それぞれ順にご説明します。

Q1. 青汁のどんな成分に血糖値の抑制が期待できるの?

青汁に含まれる成分のうち、血糖値を抑える効果が期待できるのは、以下の通りです。

成分名手軽に取れる食品期待できる主な働き
1-デオキシノジリマイシン桑の葉糖を吸収しにくくする
Q3MG(クエルセチンマロニルグルコシド)桑の葉血糖値を抑える効果
カルコン明日葉インスリンの働きをサポートする働き
SOD酵素(スーパーオキシドディスムターゼ)大麦若葉

明日葉

血糖値上昇を抑える効果

Q2. 他にも糖尿病に青汁がいい理由ってあるの?

その他にも糖尿病に青汁がいい理由としては、以下2つが挙げられます。

  • 青汁は低糖質だから
  • 副作用の心配がないから

それぞれのポイントを順にご説明します。

青汁は低糖質だから

栄養補給にいいとされている方法はいくつかありますが、その中で最も糖質が少ないのが「青汁」です。

例えば、栄養補給のために飲む人も多い市販の野菜ジュースと糖質を比べたのが以下の表です。

単位糖質の量
青汁1杯あたり0.5〜1.0g
野菜ジュース1パックあたり13〜16g

青汁に含まれる糖質は、野菜ジュースの10分の1以下と少ないためおすすめします。

副作用の心配がないから

青汁は「栄養の多い野菜の搾り汁」なので、基本的に副作用を心配する必要はないとされており、安心して使えるのがメリットです。

ちなみに、もし糖尿病が進行すると、一般的な治療薬(スルフォニル尿素薬/SU剤)には、「低血糖」「体重の増加」「膵臓の疲弊」などの副作用のおそれがあります。

Q3. どうして糖尿病は早めに対策した方がいいの?

糖尿病はよく耳にする病気ですが、実は非常に恐ろしい病気です。

早めの対策を意識すべき理由を、以下にまとめてみました。

  • 初期症状がほぼないため、気づいた時には進行していることが多い
  • インスリンを分泌するすい臓の働きは一度失うと二度と戻らない
  • 心筋梗塞・脳卒中などび合併症を引き起こすおそれがある
  • 年間1万人以上が糖尿病が原因で亡くなっている

Q4. 糖尿病は初期症状ってあるの?

主な初期症状に加えて、合併症も合わせて下表にまとめてみました。

主なポイント
初期症状口が乾く、尿が多くなる、全身のだるさ、体重が減る、神経症状、皮膚症状など
合併症心筋梗塞・脳卒中・狭心症・糖尿病性網膜剥離・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害など

上のような初期症状があっても糖尿病とは思わない人が多いため、上のような症状を知っておくことは重要と言えます。

Q5. 1日の糖質の目安量は?

1日の糖質は、1日の摂取カロリーの5~6割程度が目安とされています。

つまり、成人男性で「約310g/日」、成人女性で「約240g/日」が目安です。

Q6. 青汁は妊娠中・授乳中でも大丈夫?

青汁は栄養の多い野菜の搾り汁なので、基本的に妊娠中・授乳中でも心配する必要はないとさせています。

ただし、青汁によっては配合成分がカフェインなどを含む可能性があるため、事前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

Q7. 運動不足の解消法、ストレスの上手な発散法は?

桑の葉青汁をただ飲んでいても、不規則な生活や過度なアルコールなどを続けていると効果が現れにくいと言えます。

そのため、適度な運動・睡眠・バランスの良い食事も意識することをおすすめします。

食生活の見直しで特に始めやすいこと

  • 野菜を1日1品足すことを意識する
  • 1日3食を、規則正しく食べる
  • 1日の摂取カロリーを決める
  • 甘いものや脂っこいものの数を減らす
  • お酒の量を少し減らしてみる
糖尿病対策には「低GI食品」がおすすめ

GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食品の血糖値の上昇を相対的な数値に置き換えたものです。

  • GI値が高い:食後の血糖値が急激に上がりやすい
  • GI値が低い:食後の血糖値が上がりにくい

引用:タニタ

適度な運動のおすすめ

特に糖尿病対策には、「食後30分〜1時間たった頃に20〜30分程度の運動」をするのが最も効果的と言えます。

なぜなら、血糖値の高い食後に運動すると、効率的に血中の糖質を減らして、血糖値を下げられるからです。

特に運動を始めるのはなかなか難しいため、以下のように運動は簡単なことから徐々に始めることをおすすめします。

  • 1ヶ月間だけ、エスカレーターを禁止して階段を使う
  • 通勤・通学の待ち時間で、かかとの上げ下げをする
  • 席を立つ前に、1分だけ足をしっかり閉じて内ももを鍛える
  • テレビCMの間だけ、スクワットなどのながら運動をする

上手にストレスを発散するためのおすすめの方法

ストレスの発散法は人それぞれですが、ここでは多くの人がストレスを解消しやすいものを厳選してみました。

  • アロマをたく
  • 好きな音楽をかける
  • 湯船に浸かる
  • ストレッチやウォーキングなどで体を動かす
  • 泣ける映画をみる
  • ぼーっとする

6. まとめ

ここまで糖尿病への青汁の効果や選び方から、おすすめの青汁までご説明してきましたが、いかがでしたか?

特に糖尿病への効果を求める人は、「トクホの青汁」か「桑の葉青汁」から選ぶことをおすすめします

また、効果を最大にするには、青汁を「食後」に飲むようにしましょう

このページでご紹介した糖尿病への効果が特に期待できるおすすめは、以下の2つです。

※以下をクリックすると、すぐに公式ページでチェックできます。

おすすめ
トクホの青汁ヘルスマネージ大麦若葉青汁・難消化性デキストリン
桑の葉青汁のおすすめ桑の葉青汁100%
桑の葉の個装タイプのおすすめ神仙桑抹茶ゴールド

ちなみに、個装タイプで国産がいい人には「桑の葉青汁」をおすすめします。

以上を参考に、あなたにぴったりの糖尿病への効果が期待できる青汁に出会えることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket