安い青汁で絶対失敗しないための全ポイントを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「安い青汁って大丈夫なの?」「安くて一番いい青汁を選びたい」など、安い青汁が気になっていませんか?

安い青汁は、安いなりの理由があることが多いため、まずは正しく理解することが大切です

このページでは、17年間青汁を飲み続けている青汁マニアの私が、安い青汁と高い青汁の違いから、安い青汁選びのポイントやおすすめまでご説明します。

  1. 安い青汁って大丈夫?
  2. 安い青汁選びで意識すべき2つのポイント
  3. コスパを重視した安い青汁の唯一のおすすめ
  4. 青汁を飲みやすくするためのアレンジ法おすすめ9選
  5. お試し価格や初回割引を除いた「安い青汁ランキング36選」
  6. 青汁に関してよくあるQ&A

すべて読めば、安い青汁を正しく理解して、あなたにぴったりの青汁が見つかるでしょう。

1. 安い青汁って大丈夫?

野菜不足はもちろん、便秘、美肌、ダイエットなどにもいいと言われる青汁ですが、100均やドラッグストアなどで見かける安い青汁が気になっていませんか?

通販で買うと1ヶ月分で3000〜4000円くらいなのに、100均では4本100円(1本あたり25円)と激安です。

安い青汁と高い青汁の違いは、「青汁へのこだわり」の差!

青汁の値段はピンキリですが、安い青汁と高い青汁で決定的に違うのは、「青汁へのこだわり」です。

値段の違いがどのような理由からくるのか、以下にまとめてみました。

「産地」の違い

100均などの激安青汁は産地が書かれてない中国産も多いですが、高い青汁は国産がほとんどです。

例えば、高い青汁では「◯県◯◯産」など産地にもこだわったものも多いです。

「栽培方法」の違い

安い青汁はたくさん農薬を使って栽培にかかる手間を減らしていることも多いですが、高い青汁は有機栽培や無農薬・無化学肥料などにこだわっているものも多いです。

「成分」へのこだわり

安い青汁はデキストリン(食物繊維)など、安い成分でカサ増ししていることもあります。その場合、期待していた効果が得られない可能性があります。

一方、高い青汁は高品質な青汁原料の他にも、栄養を高めるための健康素材などを足していることも多いです。

「製法」へのこだわり

安い青汁は製法にこだわったものは少ないですが、高い青汁には、栄養や酵素が極力失われないように、熱を加えずフリーズドライ製法を採用しているものもあります。

さらに、青汁の原料をより細かく粉砕(微粉砕製法)するなど、吸収されやすくい工夫をしているものも多いです。

「飲みやすさ」へのこだわり

安い青汁には安い添加物を足して、甘さを加えたり、水に溶けやすくしているものもあります。中には一部で危険性が指摘されている添加物を足しているものもあります。

一方で高い青汁は、製法や配合する健康素材などで飲みやすく様々な工夫している分、値段が高くなる傾向があります。

「安全」へのこだわり

安い青汁は、安全対策へのコストを下げて安くしている可能性があります。

安全性の高い青汁は、GMP工場など一定基準を満たした工場で作られたり、残留農薬や放射能の検査がされています。

高い青汁では、栽培中・製造過程もしっかりチェックして安全性を高めることに努めているものがほとんどです

参考:その他の違いは「広告費」と「人件費」

以上のとおり、青汁の作る過程での違いをご説明してきましたが、その他にも「広告費」によっても値段は左右されます。

例えば、大々的にテレビCMをしている青汁であれば、高額な広告費が販売価格に上乗せされているので高くなる傾向があります。

また、小規模の会社より大企業の方が社員数が多く、人件費が高いことも多少影響します。

2. 安い青汁選びで意識すべき2つのポイント

青汁は毎日続けるほど効果を実感しやすくなるため、「続けやすさ」という面では安さは重要です。

ただし、安さだけで選んでしまうと、「青汁飲んだけど、効果がなかった」と後で後悔してしまう可能性があります。そうなったら、結局、お金のムダになってしまいます。

安い青汁選びで意識すべきポイントは以下の2つと私は考えています。

  • 安さよりコスパが重要
  • 値段の目安は「1日100円以下」

それぞれ順にご説明します。

2-1. 安さよりコスパが重要

安さだけで選ぶと、青汁の原料より添加物が多いものや、安全性の低いものを摑まされてしまうなどのリスクがあります。

青汁はあくまで健康のために飲むものなので、効果、安全性、飲みやすさなどのバランスを踏まえた「コスパ」を重視すべきと私は考えています。

コスパを重視して選ぶと、後で納得できなくて後悔するリスクや、結局お金がムダになるリスクを減らすことができます。

それでも、とにかく安いものを選びたい人へ

とにかく安さを重視する人には、最安値である「100均の青汁」をおすすめします。

安全性や効果に多少心配があっても、飲まないよりは飲んだ方がましなので、「5. お試し価格や初回割引を除いた安い青汁ランキング36選」をクリックするとすぐにチェックできます。

2-2. 値段の目安は「1日100円以下」

私は、これまで安いものから高いものまで様々な青汁を試してきました。

その結果、一定の品質と安全性が期待できるのは、「1日100円以下」というのが私の実感です。

目安をいくらにするかは人それぞれですが、1日数10円を惜しんだために、効果が期待できない青汁を選んでしまうことは避けてほしいと思います。

参考:キャンペーンやお試しを上手に活用しましょう

青汁を買ったのに味が苦手で飲みきれないと損をしてしまうため、キャンペーンやお試しセットを活用することをおすすめします。

例えば、以下のようなお試しでまずは味見すると、失敗しなくてすみます。

●とにかく安くお試ししたい人

ユーグレナの緑汁のお試し / 7日分500円

●しっかり2週間以上お試ししたい人

1食分のケール青汁 / 20日間780円

3. コスパを重視した安い青汁の唯一のおすすめ

安い青汁は栄養がしっかり摂れないなど何か理由があるため、私は「安さ」ではなく「コスパ」で選ぶことをおすすめします

実際の口コミやSNSなどネットで評判の青汁20種を、「青汁の成分」と「値段」で評価したところ以下の結果になりました。

※ピンクの線より「左上にある青汁」ほど、コスパが高いと言えます。

※「青汁の有効成分」とは飲みやすさや便秘への効果を高める目的でよく使われる糖質や食物繊維を除いた「残りの成分」のことで、青汁に含まれるビタミンやミネラルなどの含有量を表します。

上の表より、特に成分と値段のバランスから、特にコスパのよいおすすめは『1食分のケール青汁』だけでした。

コスパ抜群のたった1つのおすすめ:「1食分のケール青汁」

食分のケール青汁』は、1包あたり87円と安く、栄養もしっかり取れてコスパはピカイチです。

特に、ケールが原料なのでビタミンCなど美肌成分が多いため、美肌効果を求める人に特におすすめ

さらに、国内の契約農家で栽培した有機栽培で、無添加なので安心です。

ケール青汁はクセのある味なので、「780円で20日間しっかり試せるお試し」でまずは試してみましょう。

どこで買うと安いの?

ちなみに、どこで買うと安いのかamazonと楽天と比べると、「公式ページが最安値」でした。

公式ページアマゾン楽天
値段/税込
(1包あたり)
2619円
(87円)
2911円
(97円)
2911円
(97円)
お試しの有無ありなしなし

『1食分のケール青汁』のお試し公式ページ:

http://www.fancl.co.jp/otameshi

通常10日分のところ、20日分を780円でお試しできるのは公式ページだけなので注意しましょう。

4. 青汁を飲みやすくするためのアレンジ法おすすめ9選

青汁を毎日飲んでいると飽きてしまう人もいます。

長く続ける効果が実感しやすくなるため、ここでは飲みやすくするためのアレンジ法をご紹介します。

4-1. 特に手軽にできるおすすめのアレンジ法

青汁は様々な飲み物やフルーツとの相性が抜群で、色々な楽しみ方ができるのが大きなメリットです。本章では青汁の美味しい飲み方の5つのポイントをご説明します。

  • 青汁+牛乳
  • 青汁+豆乳
  • 青汁+野菜ジュース
  • 青汁+フルーツジュース
  • 青汁+緑茶

ここではおすすめの理由と栄養面でのメリットをご説明します。

青汁+牛乳

青汁を牛乳でわると抹茶ミルクのような味になり、牛乳のタンパク質やカルシウムを一緒に摂れるメリットがあります。

最も手軽な方法としておすすめです。

青汁+豆乳

豆乳にはビタミンE、B1、葉酸、鉄分など栄養豊富であり、牛乳よりカロリーが低いため女性や栄養を重視したい人には特におすすめです。

さらに、美容効果を高めたい人には「きなこ・ゴマ」をプラスするのがおすすめです。

青汁+野菜ジュース

もし普段から野菜ジュースを飲んでいるなら、野菜ジュースでわるのもおすすめです。

ただし、糖質の多い野菜ジュースだと糖質を摂りすぎる可能性があるので注意しましょう。

またニンジンのジュースは酵素やビタミンを損なう可能性があるとされています。

青汁+フルーツジュース

特に青汁独特の風味を抑えたい人へのおすすめは、フルーツジュースとわることです。

飲みやすさ以外にも、フルーツジュースにたくさん含まれるビタミンや酵素を同時に摂るメリットがあります。

青汁+緑茶

青汁と緑茶は、最も自然な形で一番飲みやすくなります。

緑茶はウーロン茶や紅茶と異なり、製造過程で発酵させないためビタミンCなど健康に良い成分がたくさん含まれています。

ちなみに、上記以外にも、以下の方法で、青汁独特の風味を和らげて飲みやすくすることもできます。

甘みを加える:甘味を加えると、マイルドな味になり飲みやすくなります。ハチミツ、メープルシロップ、黒糖であれば、砂糖よりカロリーが低く栄養価が高いためおすすめです。

柑橘系の絞り汁を加える:柑橘系の絞り汁を少し加えると、特に青汁の青臭さを和らげる効果があるため美味しく飲めるようになります。

4-2. 目的に合わせて、飲み方にこだわったアレンジ法

ここでは求める効果別に効果的なアレンジ法ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ダイエット|青汁の豆乳バナナヨーグルトジュース
  • デトックス|青汁コーヒー
  • 美容|青汁メープル豆乳ドリンク
  • 野菜不足|青汁とチアシードの豆乳ドリンク

ダイエット|青汁の豆乳バナナヨーグルトジュース

ダイエットで青汁で置き換えをお考えの人には、腹持ちがよくダイエット中のストレスが少ない「豆乳バナナダイエット」に青汁を使うのがおすすめです。

腹持ちすることに加えて、バランス良く栄養を摂ることでリバウンドを防ぐ効果が期待できます。

青汁 飲み方 豆乳バナナヨーグルト

引用:クックパッド

デトックス|青汁コーヒー

デトックス効果を求める人には、利尿作用があり青汁のデトックスとの相乗効果が期待できる「青汁コーヒー」がおすすめです。

コーヒーは意外な組合せに思うかもしれませんが、クックパッドの “つくれぽ400件以上” と好評です。

青汁 飲み方 青汁コーヒー

引用:クックパッド

美容|青汁メープル豆乳ドリンク

美容目的の人におすすめしたい「青汁メープル豆乳ドリンク」は、“お肌がつやつやになる” と大好評です。

青汁 飲み方 青汁メープル豆乳ドリンク

引用:クックパッド

野菜不足|青汁とチアシードの豆乳ドリンク

野菜不足解消したい人へのおすすめは、青汁をスーパーフードであるチアシードや豆乳と組み合わせることです。

手軽にたくさんの栄養を摂ることができます。

青汁 飲み方 青汁とチアシード豆乳ドリンク

引用:クックパッド

5. お試し価格や初回割引を除いた「安い青汁ランキング36選」

本章では、それでもなお安さにこだわりたい人のために、お試し価格や初回限定割引を除いた「本当に安い青汁ランキング36選」をご紹介します

例えば、1回限りのお試し価格や初回特別価格を取り上げて “1包たったの◯円” と紹介しているサイトをみたことありませんか?

最初だけ安く買えても、実は高い青汁だったらまったく意味がありません

通常価格が最も安い青汁は100均で買えるダイショーの「飲みやすい大麦若葉入り青汁」です。なんと、値段は税後108円(4包分)なので1日1包当たり27円と格安です。

青汁 安い ダイショー 飲みやすい大麦若葉入り青汁

引用:ダイショー

ちなみに、青汁のお試しについて知りたい人は『青汁のお試し完全ガイド|徹底活用しベストな選択ができる!』の記事を参考にしてみてください。

商品名

(メーカー)

1包当たり(税込)
公式最安値
通常定期値段サイト
飲みやすい大麦若葉入り青汁

(ダイショー)

2727店頭
大麦若葉 粉末100%

(88包、山本漢方製薬)

6129楽天

桑の葉青汁

(太田胃散)

1083838公式

青汁のめぐり

(ヤクルト)

43楽天

酵素青汁111選セサミンプラス

(オーガニックレーベル)

1109945Amazon

毎日1杯の青汁 粉末

(伊藤園)

49楽天

青汁三昧

(三昧生活)

10050100公式

ヘルスマネージ デキストリン

(大正製薬)

13712366Amazon

ステラの贅沢青汁

(ステラ漢方)

17112076Amazon

よくばり青汁

(DHC)

928781Yahoo

1食分のケール青汁

(ファンケル)

978787公式

ヘルスマネージ キトサン

(大正製薬)

1018888公式
えがおの青汁満菜

(えがお)

1059090公式

神仙桑抹茶ゴールド60

(お茶村)

1039797公式

畑の青汁

(キューサイ)

1089797公式
極の青汁

(サントリー)

1089797公式
やずやの養生青汁

(やずや)

1089797公式
飲みごたえ野菜青汁

(エバーライフ)

1089797公式

緑効青汁

(アサヒ緑効)

111105105公式

ふるさと青汁

(マイケア)

137123106Amazon

ケール青汁 個装

(キューサイ)

123111108Amazon
はちみつ青汁 個装

(キューサイ)

130117115Yahoo

乳酸菌が入った青汁

(世田谷自然食品)

123118115Amazon

ホコニコのこだわり酵素青汁

(grateful)

173115115公式

(冷凍)本搾り青汁プレミアム

(ファンケル)

132119119公式

はちみつ入り酵素青汁

(杉養蜂園)

137122122公式

すっきりフルーツ青汁

(メディアハーツ)

143125125公式

活きた酵素と青汁

(リアルメイト)

159128128公式

(冷凍)ケール青汁

(キューサイ)

162129129公式

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

(KOWA)

144130130公式

やわたのおいしい青汁

(やわた)

137130130公式

1日分のケール青汁 粉末

(ファンケル)

144130130公式

ユーグレナの緑汁

(ユーグレナ社)

146132132公式

たっぷりフルーツ青汁

(シエル)

215143138Amazon

健康道場

(サンスター)

162146146公式

6. 青汁に関してよくあるQ&A

もともと私は食生活が乱れていて体調を崩すことも多かったため、安い青汁から高いものまで色々調べたり、実際に試して詳しくなりました

時々、親しい友人から相談を受けることもありますが、多くの人が気になることはある程度共通しているため、よく受けた質問をQ&A形式でまとめました。

  • Q1. 青汁って手作りもできるの?
  • Q2. 飲み方を工夫しても、味が苦手な時はどうしたらいい?
  • Q3. 安い青汁選びで注意すべきことは?
  • Q4. 青汁のコスパをもっとあげるにはどうしたらいいの?

それぞれ順にご説明します。

Q1. 青汁って手作りもできるの?

ケールや明日葉など買ってミキサーにかければ、青汁は手作りできますが、余計に手お金と手間がかかるため、正直コスパはよくないです。

例えば、ネットで手軽にケール生葉を買うなら、1枚170〜200円程度なので、ちっとも安くありません。

代わりに、ほうれん草や小松菜で、、と思うならグリーンスムージーとしてはいいですが、生鮮野菜は高くて痛みやすいため、私は安くて常温保存できる青汁をおすすめします。

Q2. 飲み方を工夫しても、味が苦手な時はどうしたらいい?

飲み方を工夫しても、どうしても味が苦手ば場合は「青汁サプリ」をおすすめします。

最近はにおいも少なく、小粒のものが増えているため、サプリが苦手な人でも飲みやすいと言えます。

特に栄養が多く、安全性が高くて、コスパがよいのは、「ステラの贅沢青汁です。

ステラの贅沢青汁』は、1日あたり約100円で、九州産ケールとクロレラ、沖縄産の長命草の3種のみで作られているため栄養抜群です。

サプリは粒状にしたり長持ちさせるために添加物を使うことがほとんどですが、このサプリなら無添加・無農薬なので安心です。

お得に始めるには?

特別モニターコース」で始めると初回980円で、その後も通常の定期コースよりも安く続けられます。いつでも解約できるため安心です。

「ステラの贅沢青汁」公式ページ:

http://www.stella-s.com/aojiru

Q3. 安い青汁選びで注意すべきことは?(フルーツ青汁の初回、見極めるなら3〜6ヶ月が目安)

安くお得に始めるためには、お試しセットやキャンペーンを上手に活用するのがおすすめですが、いくつか注意点があります。

特に、近年人気のフルーツ青汁は「初回限定◯◯円」などと安さを強調していますが、以下のようなトラブルが多いため注意しましょう

“1回限りのお試し”と思って申し込むと、数ヶ月間は解約できなくて、合計1万円以上払う必要があるため注意しましょう。

Q4. 青汁のコスパをもっとあげるにはどうしたらいいの?

青汁のコスパを求めて、安い青汁を探すのは安全性や効果からおすすめしません。

このページでは特に安くてコスパのよいものだけを紹介しているため、これ以上となると正直なかなか難しいです。

もし費用を抑えるたいのであれば、普段飲んでいる清涼飲料水やコーヒーなどを見直してみる方がよいかもしれません。

7. まとめ

ここまで安い青汁について知るべき全ポイントをご説明してきましたが、いかがでしたか?

安い青汁には、なにかしら安い理由があります。安さだけでなく、「栄養、効果、安全性」などのバランスも考慮した「コスパ」を重視して選ぶことをおすすめします

最後にまとめると以下の通りです。

  • 安い青汁と高い青汁の違いは、「青汁へのこだわり」の差
  • 栄養や効果などを考慮した「コスパ」を意識すること
  • いくつかの青汁をきちんと比較して選ぶこと

また、このページでご紹介した特にコスパのよい青汁は『1食分のケール青汁』です。

『1食分のケール青汁』のお試し公式ページ:

http://www.fancl.co.jp/otameshi

通常10日分のところ、20日分を780円でお試しできるのは公式ページだけなので注意しましょう。

以上を参考にあなたの生活がより健康的になることを心より願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket